多文化公共圏センター長挨拶


国際学部附属多文化公共圏センターは、栃木県や県内各自治体・地域が取組むグローバル化に係る課題や国際交流事業に関して、国際学部・国際学研究科が連携・協力・協働するという合意のもと、設立準備会を経て、平成20年4月に発足いたしました。
地域自治体が取り組んでいるグローバル化に係る多様な諸課題に国際学部・国際学研究科が有する教育資源を積極的に提供し、協働し解決を図る、いわばコーディネートの役割を担う組織です。
一方、国際学研究科博士後期課程は、トランスナショナルな課題に関して議論し、合意を形成する場としての「国際学としての多文化公共圏研究」を教育研究テーマとしています。
国際学研究科における理論的研究と栃木県の各自治体・地域等が抱える課題解決への積極的、実践的貢献に国際学部附属多文化公共圏センターの存在意義があります。
この設立趣旨のもと、当センターは、現在、多様な活動を展開しております。
当センターは、国際学としての多文化公共圏研究を通して、またグローバル化に係る情報収集・発信、課題解決の場として地域のみなさまとともに活動して参ります。
今後とも、当センターの運営にみなさまのご支援・ご協力を賜りますよう、ご意見ご要望をお寄せくださいますようお願いし、ご挨拶とさせていただきます。  

国際学部附属多文化公共圏センター 渡邉 直樹