イベント報告

<日光市国際交流協会・多文化公共圏センター交流事業>

 


日時:2012月2月23日(木)19時00分〜20時30分  
場所:日光市中央公民館 小ホール(日光市平ヶ崎160)

講演 「食から世界を考える『タイ編』〜東南アジアは食のパラダイス〜」
講師:マリー ケオマノータム 先生(宇都宮大学国際学部教授)

[プロフィール]
1961年バンコク生まれ。
1984年チュラ一口ンコン大学文学部卒業。
1988年名古屋大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了。
1992年名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学。
1992年宇都宮大学教養部講師。
1994年宇都宮大学国際学部講師。
1999年宇都宮大学国際学部助教授。
現在宇都宮大学国際学部教授。専門は地域社会学、産業社会学。


⇒チラシ


                      講演会の様子

マリー先生







 今回の国際理解講演会では、食シリーズ第6弾として、2月23日(木)に「食から世界を考える『タイ編』〜東南アジアは食のパラダイス〜」 として、宇都宮大学国際学部教授のマリー ケオマ ノータム先生にお話いただきました。
























 当日は、13名の方にご参加いただきました。以前タイに行ったことがあり、タイについてもっと知りたいと思い参加 された方も多くいらっしゃいました。  参加者の方々からは、タイの文化を知ることができて楽しかった、タイのお菓子の試食や写真を通して、タイについ てより具体的に知ることができてとても良かった、食の他にも農村の事、都市の事など色々聞くことができて勉強にな った、先生のお話を聞いて本当の豊かさについて考えさせられた、などの感想をいただきました。


 マリー先生には、タイのお菓子や食べ物などの準備をしていただき、参加者のみなさんと試食をして、タイの食文化 も体験することができました。





タイのお菓子 タイのお菓子




























 来年度も日光市国際交流協会と多文化公共圏センターの共催事業として、講演会を開催する予定です。詳細が決まりましたら、ご案内を掲載させていただきます。











イベント報告へ戻る